ステイタイランド トップ特選クーポン> パンダバス 水上マーケットとライトアップアユタヤ

パンダバス 水上マーケットとライトアップアユタヤ

Panda bus LLE3 FLOATING MARKET & AYUTTAYA LIGHTUP

ショー詳細&コメントプロモーションクーポン料金地図ショーの写真その他の施設お支払方法

詳細&コメント

 


【人気の水上市場&神秘的なアユタヤの夜景まで満喫】

水上マーケットにはスピードボートで向かいます!迫力満点のこちらの乗り物はお子様から大人気です!水上マーケットではココナッツアイスやバナナクレープ、南国フルーツなど美味しいものが盛りだくさん。

催行日:毎日
所要時間:約14時間
最少催行人数:2人
集合場所:ご宿泊ホテルへお迎え(エリアによってはお迎え出来ないこともございます)又はインターコンチネンタル・バンコク隣接、プレジデントタワー入り口前
解散場所:インターコンチネンタル・バンコク隣接、プレジデントタワー
食事あり タイ料理セットメニュー

ツアースケジュール
6:15-7:10 ご宿泊ホテルへお迎え(エリアによってはお迎え出来ないこともございます)又はインターコンチネンタル・バンコク隣接、プレジデントタワー入り口前へご集合
7:20 バンコク市内出発
9:00 ココナッツファームにご案内致します。
9:45 ダムヌンサドアク水上市場でスピードボート乗船、市場自由散策。
11:00 バンコクに向け出発
12:45 インターコンチネンタルホテル到着後、昼食会場にご案内。タイセット料理をご賞味下さい。
ライトアップアユタヤコース集合時間まで自由行動。※近くには大型デパートやスーパーがございます
14:30 プレジデントタワー再集合。アユタヤへ向け出発。
15:30 クメール様式の美しい寺院「ワット・チャイワッタナラーム」
16:15 全長28m、ひっそりと巨大涅槃物が横たわり情緒溢れる「ワット・ロカヤ・スター」
16:45 象乗り体験(約10分)
17:45 菩提樹に包まれた仏頭が残り、戦争の傷跡も感慨深い「ワット・マハタート」
18:30 タイ料理のご夕食
19:30 ライトアップしたアユタヤ遺跡の観光(ワットマハタート・ワットプララームなど) ※夜間は遺跡に入場できませんので外からお写真をお撮り頂きます
21:30 インターコンチネンタル・バンコク隣接、プレジデントタワー解散

本コースはLL(水上マーケットランチ付きコース)とE3(ライトアップアユタヤコース)の組み合わせツアーとなります。

夜間は遺跡の中に入ることが出来ませんので、外からライトアップされた遺跡をご見学頂きます。照明のトラブル・天候などの影響でライトアップされた姿がご覧いただけない場合でも返金・割引は出来ませんので予めご了承下さいませ。

スピードボート乗船や象乗り体験がございますので、動きやすい服装でお越し下さい。

一名様参加・奇数人数のグループでの参加の場合は他のお客様と一緒に象乗りして頂く場合がございます。
予めご了承下さいませ。

アユタヤ地方は非常に気温が高いため、帽子・サングラス・日傘などをお持ち頂くことをお勧めいたします。

タイの規定で定員が12名未満のサイズのボートには保険が未加入でも合法です。水上市場でお乗り頂くボートは8名乗りが一般的であり、保険が掛けられておりませんが、あらかじめ、ご了承下さい。

エリアにより、お迎えに上がれないホテルもございます。また、繁忙期などは指定ホテルのみのお迎えになる事がございますので予めご容赦ください。ツアー日間近のご予約の場合、送迎の車が満席の可能性がございますのでご了承ください。

Twitterにツイート

プロモーション

通常料金

2017年07月01日~2018年03月31日まで有効
クーポン名 時間 大人 子供
(2歳~11歳)
水上マーケットとライトアップアユタヤ 7:30~21:30
3100バーツ 2700バーツ

変更・取消料
【ツアーご利用日前日14:59までの変更・キャンセル】
変更・キャンセル手数料なし

【ツアーご利用日前日15:00-18:00の変更・キャンセル】
ツアー代金の50%の変更・キャンセル手数料

【ツアーご利用日前日18:00以降の変更・キャンセル】
ツアー代金の100%の変更・キャンセル手数料

象乗り体験では、象使いへのチップをご用意(20B/名様)いただけると幸いです。

市場内で手漕ぎボートに乗ることも出来ます。(別途お1人様約200B/現地でお支払い願います。) * 他のお客様とご一緒になります。また、他にお客様がいらっしゃらない場合、2名様分の代金が必要になったり、代金が変動することもございます。

Twitterにツイート

地図

写真

お支払方法

◆こちらも合わせてどうぞ